読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

秋分の日なので、3ヶ月のテーマを!

こんばんは、安藤です。

 

秋分の日!季節の変わり目ですね。

 

会社員をしていたとき、1年のテーマ、3ヶ月のテーマ、1ヶ月のテーマを決めていました。なので、会社員をやめても、テーマを決めることにしています!

 

1月~3月というような3ヶ月というくくりではなく、「春分」「夏至」「秋分」「冬至」でやっています。この区切りにしている理由は、友達がやっていたから、私ものってみて早数年^^

 

 

で、テーマの決め方は、パワーストーンで決めています。

会社員の時は、会社の教育システムに沿って自分で選んでやっていました。

フリーになってからは、そういうのはないので、自分で思いつきで決めてもいいんだけど、せっかくだから面白いしパワーストーンで!としています^^

 

 

で、パワーストーンから読み取るのは、「より自分らしく輝いていくために、この3ヶ月で取り組むことはなんですか?」です。

 

 

多くの女性にとって、パワーストーンは運気アップのチャームのイメージかもしれません。ですが、私がしているスタイルでは、「変化するために必要な潜在的なメッセージをお伝えする」というもの。

 

潜在的なメッセージなので、自分で気づいていないメッセージのときもあります。

気づいていたけど、「あぁ、やっぱりそうか」ということも。

先月は、「自分で自分を型にはめている」という石が出ていて、「そうなんだろうな~」とおもったものの、ストーンを引いた2ヶ月後に「わぁ~このことか!!!!」としっくりする自分自身の行動や思考に出逢いました。

 

自分の思考や行動の癖っていうのは、当たり前過ぎて気づきにくく、習慣なので、瞬間的な反応をしてしまっています。

 

 

だから、それを意識して変えていくことで、新しい習慣ができ、新しい自分になっていける^^

 

そのためには、パワーストーンのような何かからヒントや導きをいただくのもあり!なのです^^

 

 

で、32種類の中から今日ひいたのが、これ!!

f:id:shininglady:20160922210818j:plain

 

 

自分用なので、6つバージョンでやっています。

 

お客様むけは、3つ。対話するので、対話から紐解いていけますが、自分で自分のメッセージを読むときは、ちょっとわかりにくくなっちゃうから6つにしています。

 

さらに、今回は、実験がてら、アートな感じが好きな私が一目惚れして趣味で購入したボイジャータロットも活用!!!!!

 

カードの結果はこちら▼

f:id:shininglady:20160922212109j:plain

 

 

パワーストーンでは、簡単に説明すると、「地盤固め」とメッセージがでたのです。

ですが、「地盤固め」の真意が自分でみつけにくかったので、ヒントをもらうために、ボイジャーカードも活用。

 

 

最初は、78枚中1枚だけまず引いてみたら、カードの写真の左のやつがでたのです^^

 

「宇宙」のカード。

 

そして、ボイジャータロットの解説書に、「宇宙」のカードのページに次なる質問がかいてあるので、その質問をして77枚から1枚引いたのが、真ん中の下のカード「死(神)」でした。

 

 

で、ここからがおもしろい流れでして!!!

 

せっかくだから、さっきの2枚のカードもふくめて78枚の中から3枚カードひいた診断をしてみよう!と、カードをくって、3枚ひいたら、「宇宙」と「死(神)」のカードがまたでてきた!!!!(4枚ある理由は、1枚はさらに読み解くためのサポートでつかいました。※そういう診断方法があったような気がしていて、正しいかどうかはしらないんだけど、ボイジャーカードには堅いルールはないので、自由にできます)

 

 

 

パワーストーンでは、「頭で考えすぎず地に足ついて行動をして地盤固めをしていこう!」

 

ボイジャータロットは、「自分で自分の世界を作っていく!そのために、いらないものは断ち切って行動を!そのためのヒントは、才能を生かしていくこと。」

 

 

結局、地盤固め・自分作りのための「行動」がポイントでした^^

 

で、パワーストーンでもボイジャーカードでも一番右端にでているのが、「愛」。

 

 

どんなものを使っても、今必要なメッセージは、かわらないんだろうな~^^と思いました^^

 

 

なんにせよ、心を動かして生きたいものです^^

そのためには、カラダを動かし、感動体験をしていくことが大切!!

 

 

==

人生を輝かせるカラダ学

安藤ともみ