読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

【4】人生を輝かせるカラダ学

人生を輝かせるカラダ学

【4】人生を輝かせるカラダ学~人生=「人」と「生きる」

 

【3】の最後にお伝えしたように、

・人生=「人」と「生(きる)」

・カラダが楽=美しい姿勢、パフォーマンスがあがる、直感力がさえる

 

のお話をかいつまんでお話します。

ガッツリ話しだすと、長い!

そういうのは、【X】人生を輝かせるカラダ学ではなく、他のタイトルを設けて伝えていく予定です。

 

ということでまずは、

人生=「人」と「生(きる)」のおはなし。

 

 

 

《人生=「人」と「生(きる)」》

 

人生っていう言葉は、「人」と「生きる」に分かれます。

そう、人が生きる様が人生。

”生きる”って「いき・る」なのです。

「いき」とは「息」

つまり、人生は、人の息の仕方っていっても過言じゃないのです。

 

どんな呼吸をして生きていますか?

自分のココロの状態がわかるのが息。

息は、「自(分)」の「心」とかきます。

 

私は、「カラダオタク~」と言われることが多いのですが、自分でもびっくりしたのが、昔付き合ってた彼氏に「息浅いね~」って伝えたら、「え?そんなん言われたことないわ!(そんなん気にし~ひんやろう)」ってつっこまれたとき。

 

だけどね、「息」って本当にいろいろと表しているのです。

 

あと、息・動く・考える(想う・思う)・食べる・感じるのこの5つは、自分でしかできないもの。

 

とくに、息は、今すぐできなくなったら生きられない!

そして、当たり前のようにできていることだから、気を使わないもの。

なのに、自分をよく表し、人生に影響を与えていくものなのです。

 

常に、呼吸、浅くしてる人の印象ってどうでしょう?

セカセカしていて落ち着きがないから、居心地が悪く感じるかもしれません。

そんな人と一緒に仕事をしたり人生を歩みたいって思いますか?

 

 

 

《カラダが楽=美しい姿勢、パフォーマンスがあがる、直感力がある》

 

「カラダが楽=美しい姿勢、パフォーマンスがあがる、直感力があがる」というのにも関わってきているのが、「息」つまり、『呼吸』。

 

カラダが楽というのは、肩こりや腰痛や疲労やストレスなどで「だる~~い」となっていない状態。

それって、呼吸が深くできるカラダになっているのです。

深呼吸をしましょう!といわれますが、そもそも深呼吸できないカラダになっている人が多いです。

呼吸が深くできないほど、カラダにもココロにも“コリ”がある。

そうなると、だるくてパフォーマンスが落ちるし、姿勢も悪いし、モヤモヤしてるから直感的なひらめきもない。

だから、自分の奥底からの気持ちがわからなくなったりもして、モヤモヤをしだす。

 

THE悪循環!!!

 

そうなると、ぐるぐるして、自分がどうしたいか?よりも、社会的なものや他人からの評価などを気にしすぎて、「他人軸」で生きやすくなる。自分を輝かせるためには「自分軸」が大切なのに、自分を変える一歩が踏み出しにくくなります。

 

だから、

人生を輝かせるためには、カラダと向き合って、自分と向き合っていくのがいいってことなのです。

 

そのポイントとなるのが、「呼吸」

呼吸法をお伝えするというよりも、呼吸がしやすいカラダにしていくというのを、いろんな側面からお伝えしていくのが、「人生を輝かせるカラダ学」と捉えて頂ければと思います。

 

では、最後の【5】で、そもそもアンタ誰よ?何もんよ?って話をさせていただきます!!自己紹介ってやつです^^

 

 

 

前回の内容はコチラ▼

shininglady.hatenablog.com