読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

トーテムで感じた人を楽しませるコツ

オススメなもの カラダ観察日記 体験記

こんばんは、安藤です。

 

 

ラッキーなことに突然、シルク・ドゥ・ソレイユの「トーテム」をみにいくことに!!!

f:id:shininglady:20161017233356j:plain

 

しかも、最前列のど真ん中の席!!!!

舞台が真ん前~!なんなら、ちょっと見上げるかんじ!!とテンションあがりまくりました!連れて行ってくださった方に感謝しまくりです!!!

 

以前見に行ったのは、虫たちがいっぱいでてきた「オーヴォ(Ovo)」だったのですが、そのときは、真ん中より後ろの席で、舞台を完全に見下ろしてました。

 

同じものじゃないからはっきりとは言えませんが、見る位置によって、きっと見えるものや感じるモノが違うんだろうな~と思います。なにより、もう一回見たい!そんでもって、次は、後ろでみてみたい!!

 

 

臨場感・ド迫力が半端なくて、手に汗にぎりまくり、息をのんだり、笑ったり、音楽にのったり!!

 

は~~~楽しすぎた!!!

 

 

実は、ストーリーもテーマも全く知らず、前情報もなく、誘われるがままに「いきたい!」となってみました。

 

だから、素直に、自分だけの感覚で「トーテム」を見て、感じれたことがシンプルに、ラッキーだったな~と思うのです。

 

情報が出回りやすい世の中だから、見る前から、「今回のシルク・ドゥ・ソレイユは、こんなテーマでやるらしい」って知っていると、どうしてもそのテーマでみてしまう。自分の中で色眼鏡がはいっちゃうというか。

 

まったく色眼鏡なく、みて、最初の歌や声から、鳥肌!

 

ネタバレになると思うので、あまりストーリーはかかないでおきます。書きたいのだけど。

 

 

同じポーズしようとおもったけど、脚はあがってないし、反対だし!

f:id:shininglady:20161017233706j:plain

 

 

 

で、やっと本題!

 

「トーテムで感じた人を楽しませるコツ」

 

な~んて大げさだけど、一流のエンターテイメントなので、ものすごく学ぶことが多いのです。(コンサートなんかでも思う!)

感じるモノもおおくて、言葉にしにくいものもあるのだけど、まずは、「人を塩梅よく楽しませるコツ」を感じたのです。

 

 

そのコツは「緩急がある!」

 

すんご~く手に汗握ることも多いのだけど、合間合間に、ゆる~~く笑いの演目がはいるのです。

 

その笑いで、ふっと力がぬけるのと、次の演目を新しい気持ちでみれるのです。

 

ずっと、アクロバティックなものばかりだと、飽きたり、すんごく疲れたりするのだろうな~と。

 

クロバットの発表会ならまだしも、エンターテイメント。

うまく緩急があって、新しいシーンの世界にす~~っとはいっていけていいな~と。

 

 

人前でお話する人が、ず~~っと真面目にお話していても眠くなってくることありますよね~。

緩急つけてお話してくれる講座はやっぱり面白い。

 

女子会なんかでも、だらだらと話す女性より、面白おかしく時に真面目に話してくれる女性との時間のほうが、すんごく充実した~って思いやすい^^

(女子会にそこまで求めるな!というツッコミがはいる気もするけど・・・でも、ダラダラよくわからん話、面白くないじゃないか~!!と私はおもっております)

 

 

エンターテイメントに限らず、講師などに限らず、なにかを人にみせる、伝えるには、魅了するってことが大切。そういう点で、魅了されまくったった「トーテム」にはかなり秘訣があるな~と感じたのです。

ただ、残念なことに、感動しすぎて、まずは楽しむことしかできなかった!!!

 

 

思い出せる限りで言えば、発想の転換とかね、「え?どうなってんの?」とかね、ゆる~い中にも気になるなにかがあったりね^^

これから見るよ~!という方は、お楽しみに!

 

 

そして、ここからは、私のただの感想!

とにかく、演出すごい!カラダ凄い!精神力すごい!すごいすごい!しかでないほど、すごかった中で、「自分という「カラダ」を最大限に活かして人を楽しませるプロってカッコイイ!」とシンプルにおもったのと、「あぁ、カラダの限界、自分の限界をどこかで決めちゃってるな~」としみじみ。

 

同じ人間!?と思っちゃうほどの柔らかさを使う演目はさておき、カラダのしなやかさをまざまざとみることができる舞台なので、私は大好きな”カラダの動きをみる!”をしていたわけです!!

 

重力を感じさせないし、そんなに動かせるんだ!と思ったり。

自分のカラダが錆びてるな~~~と反省><

 

ひとにぎりの人が立てる超一流の舞台。

日々、カラダと向き合い、自分と向き合い、鍛錬し、自分を信じ進んでいる人たちの集団なんだろうな~と思うと、私も自分を信じて進むぞ~!と思います。

 

一流にふれるってやっぱりいい!

頭つかうよりも全身で感じれるものがいい!

幸せいっぱいいただいたな~!!!

 

 

というわけで、感動のあまり、勢いで書いたブログでした!

 

ちゃんちゃかちゃん!!

 

 

===

人生を輝かせるカラダ学