読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

脂肪ちゃん嫌わんといて~①

「脂肪ちゃん、嫌わんといて~」

 

お得意の妙なタイトルです。

 

関西弁でかいたけど、「自分の脂肪を嫌わないでね」ってことです。

 

今回①としたので②もあるわけです。

①では、脂肪の話

②では、ココロの話

をして、「嫌わんといて~」と伝えたいお話をします。

 

 

では、脂肪のお話をしていきます。

 

 

脂肪がついたとき、どんな気分?どんな言葉がでる?どんな言葉がうかぶ?

 

 

例えば、

「脂肪がついた~!!!!」

「太った~!!やばい!」

セルライトが!!!イヤだ~」

 

って、思ったり、言葉にしたりしておりませんか?

 

 

そして、ついた脂肪を、つまんだりしておりませんか?

 

 

さて、ちょっと考えてください脂肪ってなんでしょうね~。

 

いらないものでしょうか?

 

人間のカラダにいらないものはつくでしょうか?

 

なんか役目があるのです。

 

ちょっと考えてみてください。

 

考えてみました?

 

どうでしょうか?

 

 

脂肪ちゃん、まったくいらないものではないのです。

 

体温を保持したり、外からの刺激から内臓をまもったり。

 

命にとって、とっても大切~!!!

 

 

だけど、必要以上についちゃうと「あちゃ~」と落ち込んじゃうのもわかります。

 

で、ボディメイクの相談にのっていたときにいつもお伝えしていたのは、「脂肪がつくのは、サインだよ」です。

 

カラダからのサイン。

 

・冷えてるよ~!

・カラダ(筋肉など)を動かしてないよ~!

・食べすぎだよ~!

 

ってな感じでね。

 

脂肪がついたといって、過剰に落ち込む前に・・・いや、落ち込んでもいいけど、落ち込んでてもはじまんない!

 

つきすぎた脂肪とサヨナラしたいなら、脂肪ちゃんを嫌わずに、

・「冷えてるかな?」とカラダを触ってチェックしてみる

・「最近、カラダ動かしてるかな?」と「食べ過ぎてないかな?」「カラダの使い方、大丈夫かな?」と振り返ってみる

 

ことをオススメします。

 

 

ちなみに、例をひとつあげると、女性が「欲しい!欲しい!」と思う「くびれ」様。

 

そのまわりに、脂肪がついちゃって、「なんだかな~」とおもうとき、普段の活動の中で”ひねる”という動きが少なくなっている可能性が高いです。

 

小学生の時なんかは、体育があったり休み時間遊んだり、なんだかんだと、カラダをいろんな方向に動かしていましたが、年を重ねるごとに、カラダをいろんな方向に使うことがすくなくなります。

それに、代謝もおちてくるしね。

 

なので、脂肪がつきやすいし、くびれにくい!(個人差あるけれど)

 

「え~?私、カラダ動かしてるけどな~」という女性の方は、動かしていても、くびれができないってなるのなら、カラダの認識がちょっとずれてる。

 

なので、日常生活に、“ひねる”っていう動き、いれてみてください。

 

 

というわけで、具体的な説明いれちゃって話がずれていきましたが、脂肪ちゃん、きらわないでね!

 

 

そしてそして、次回は、脂肪ちゃんとメンタルのお話。

結構、大事よ~!!!

このお話をつたえた方から、「考え方かえたら、痩せた!」と連絡が過去にきたというお話なのです^^

 

 

何度もいいますが、脂肪ちゃん、嫌わんといてね^^

 

 

===

人生を輝かせるカラダ学

安藤友美