読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

体重は変わっていないけど、痩せたって言われる秘訣

カラダの話 ボディメイク

体重は変わっていないけれど、痩せたって言われる人

体重は痩せたのに、痩せたねって言われない人

 

っているのです。

 

あ、私だ!って思った人は、知っていただきたい。

 

「体重=見た目の美しさ」になるとは限らないということを。

 

そして、体重なんて言わなきゃわからんのです。

 

なのに、体重を気にしすぎる女性がいます。

健康上、体重を痩せることが必要な人もいます。

そういう人は、私のもとに相談は来ない&対応できないので、そういう人のお話ははずさせてもらいます。

 

さて、「体重は痩せていないのに、痩せたって言われるってありえるの?」ということですが。

 

ありえます。

 

私がこれまでレッスンをしてきた女性や私の師匠のレッスン生をみてきたので、胸を張って言えます。

 

 

「体重変わってないのに、横からみたら、細くなったってすぐわかる!といわれた」なんて報告もいただいたことがあります。

 

「レッスンでならったことのひとつをやってたら、くびれできた!」なんてことも。

 

 

その秘訣を知りたくなってきましたよね?

 

「姿勢」「呼吸」です。

 

あるべき場所に、ある

動かすべき場所を、動かす

 

それができれば、カラダは痩せて見えていきます。

 

たとえば、猫背。

猫背だと、横からみると太くみえます。

バストも下がるしね。

内臓もさがるから、ポッコリお腹やくびれのないお腹にもなりやすい!

痩せたい!キレイになりたい!なら、いいことない~><

 

ってことで、猫背をやめたら、体重がかわっていなくても痩せたようにみえます。

内臓の位置が、もとに戻るので。

肩甲骨あたりもすっきりするので。

 

ってことで、

姿勢が大事。

そして、姿勢のことがわからないなら、基礎の基礎である呼吸に注目してみてください。

 

呼吸、ふかくできますか?

呼吸をとめて、スマホさわっていませんか?

パソコン仕事に集中して、呼吸が浅くなっていませんか?

 

ふとしたときに、自分の呼吸に意識をむけてみましょう!

 

呼吸するだけで、ものすごい筋肉使うので、あなどれませんよ^^