読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

姿勢は本当に良くしたほうがいいのか

「姿勢をよくしなさい」と言われ育った人って多いと思うのです。

 

私に関して言えば、7年前にバリ島でバリエステの修行をしてから姿勢の大切さは習ってきたし、指導もしてきました。

 

 

が!!!姿勢をよくするメリットや、姿勢が悪いデメリットの情報はあるけど、逆ってのはないものなのか?とちょっと気になったので、考えてみました^^

いつもながら、多少のおふざけ(?)入りです。

 

 

《姿勢をよくしないメリット》

・そもそも、姿勢がいいならよくしなくってもいいのかもしれない

・そのまま変わらなくっていい(人は、習慣を変えるのって大変だから)

・猫背の場合、前傾姿勢の仕事がはかどりやすい(きがする)

・弱々しくうつる猫背の場合、守ってあげたいと男性に思わせることができているかもしれない(守ってもらいたいと思っているなら。華奢さ必要かもしれないけど)

 

 

《姿勢をよくしないデメリット》

・これも、もともと姿勢がいいなら関係ないのだけど・・・

 

ってことで、《姿勢が悪いデメリット》として書いていきます↓

・見た目の印象で「覇気」がないと思われることもある

・自信がなさそうにみえる場合がある

・老けて見える(後ろから見たら20代前半でも、おばさんにみえる人もいる)

・顔が大きく見える

・洋服が似合いにくい

・血流がわるくなりやすい

・内臓の位置がずれ、負担がかかる

→消化・吸収がわるくなりやすい

・カラダの一部に負担がかかり、コリやすい。(痛みがある場合も)

・コリ・痛み・ハリにより筋肉が緊張しっぱなしになる

→リラックスできない。疲れが取れにくい。眠りが浅くなりやすい

・呼吸が浅い

→ストレスがたまる。新陳代謝が落ちる。

・後ろ向きのイメージを自他共にあたえる

・落ち込みやすいなどのメンタル面にも影響がある

 

 

《姿勢をよくするメリット》

姿勢が悪いことの逆なので、端的に

・血流がよくなる

・酸素が全身にいきわたる

・新陳代謝があがる

・集中力がたかくなる

・キレイにみられる

・いい印象をあたえられる

・気分がよくなりやすい

・洋服を着こなし易い

・痩せやすい

・コリなどが楽になりやすい

 

 

《姿勢をよくするデメリット》

・今まで意識してなかったことに意識をむけるので、時間やエネルギーをそそぐ

→なにか道具やレッスンをうけるなら、コストもかかる

・自己流ですると逆に疲れやすかったり、腰がいたくなったりもする

・目立ちたくない人にとっては、姿勢をよくすることで人から見られることもあるので、デメリットになるかも

 

ってところでしょうか。

 

 

いろいろ自分で羅列してみたけれど、「やっぱりわかっちゃいたけど、確実に、姿勢は良くしておいたほうがいいな」と思いました。

 

が、しか~し!!!

姿勢をキレイにしなくっても、別にいいや~って思う人もいたり、優先順位が低くなっちゃう人もいます。

別にいいっちゃいいんです。

人生、それぞれだから。

だけど、もしこうなりたいという目標や目指すものがあるなら、優先順位はあげたほうがいい。

 

そして、

・自分を変えたい

・人生を変えたい

・輝いていきたい

 

と思うなら、姿勢を良くしていくっていうことは大事だな~と思います。

 

なぜなら、

仕事面でも、人前にでるのなら、姿勢はきれいなほうが見栄えはいいし、説得力につながることもある。

なにかウジウジしちゃう自分をやめたいなら、姿勢を正したほうがいい。下向いてばっかりって、呼吸が浅くなってウジウジしやすくなっちゃうから。

集中力をあげたいなら、姿勢を正したほうがいい。

よく言われるけど、美ボディになりたいのなら、姿勢は必須^^

だからなのです。

 

 

とはいえ、姿勢をよくするのに、できない~!ってイライラしては本末店頭ってことも頭の片隅におていおていくださいませ。

 

 

近々、姿勢や美ボディのレッスンを受けてくださった人の体験談でも書いていきます~!

 

 

====

人生を輝かせるカラダ学

安藤友美