読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

春のカラダ

文明開化をどれだけしても、知的生物でいろいろ生み出せたとしても、人間は所詮、地球上の生物の一種なので、自然の流れには影響されちゃう。

 

このことを、すっぽりと忘れたり、置き去りにして生きていると、いろいろ歪がでる人もいるんだろうな~と思うのです。

 

 

と冒頭から、かた~い感じてスタートしてみました^^

 

季節や時間帯で、骨盤が閉じたり開いたりするといわれます。

 

いきなり春になるにつれて、「あ~~~春には春のしなやかさってものがあるな~~~」としみじみしたのです。

 

冬は、カラダはぎゅ~~~っとしていきます。

夏にかけて、カラダは、ふわ~~~っとしていきます。

 

夏にゆるみ、冬にちぢまる。

 

だから、夏は開放的になりやすく、冬は閉鎖的になりやすい。(個人差おおいにあり!)

 

 

で、春は、冬と夏の間。なので、冬のとじた状態から花のつぼみが開いていくように、開いていく。

 

 

そんな春は、環境の変化があることが多いです。

わかりやすいので言えば、入学、入社などなど。

 

開いていくんだけど、キュッと身が引き締まる。

 

うまく言葉にできないんだけど、ココロもカラダも開きながらも、キュキュッとする。

そんな状態。

 

だから、必要以上に抵抗をすると、開きが悪いし、必要以上に開こうとするとこれまた歪がでる。

 

必要以上の抵抗っていうのは、カラダを刻しすぎることでもあるし、ココロで「やっぱり嫌だ!変化しない!」というようなもの。

 

今は今のしなやかさを堪能していきたいものです~!

 

じゃ~、春のしなやかさでいるためには、呼吸の観察がいいです。

(年がら年中、呼吸が大事って言い続けるけど)

 

 

どれくらいの深さの呼吸してるでしょう?

ゆったりと全身に空気をいれていったとき、つっかかりがあるところはないでしょうか?

 

つっかかりがあっても、無理やりどうにかしようとするんじゃなくて、ゆったりゆったりと呼吸する時間をもってみましょう^^

 

そういう時間が、しなやかさをつくってくれます^^

 

 

===

人生を輝かせるカラダ学

安藤ともみ