読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

寝ても寝ても寝足りないとき

最近、立て続けに「質のいい睡眠ってどうしたらとれるかな?」「寝ても寝足りないのだけど、どうしたらいいかな」「眠りが浅いんです~~」といった相談やら質問やらお話をきいていました。

 

ので、ブログでも睡眠とカラダについてお話をしておこうかと。

 

眠りが浅い原因はいろいろあると思います。なので、全員にあてはまる話ではないですが、筋肉が硬い人は睡眠が浅い傾向にあるな~と実感しています。

 

筋肉が硬いというのは、たとえば、肩こりがひどい、腰痛がひどいなど。女性はわかりやすくって、二の腕なんかを触らせていただくと、硬かったりします。

 

寝るときって、リラックスの神経が優位になっていたいのですが、筋肉が硬いと緊張の神経が優位になっていやすいので、寝ていてもリラックスしていないので、質のいい睡眠になりにくいのです。

 

なので、睡眠時間が足りない!と感じたり、疲れがとれていなかったりして、ま~悪循環になることも。

 

私の話をさせていただくと、肩こりがひどかったとき、バンザイをしないと眠りにくかったのですが、バンザイをすると呼吸が浅くなるもんだから、なんか睡眠の質が悪い・・・疲れがとれてない・・・仕事の効率がわるいし頭の回転も悪くなってる・・・そしてストレスもたまり、呼吸は浅いし、カラダがより凝る・・・な~んてことになっていたことも。

 

その日の疲れはその日のうちに!溜め込まない!

で、現状、溜め込んでしまっているわ~~という方は、こまめに、筋肉をやわらかく♪

筋肉をやわらかくする方法のひとつが、「力をぬいて揺らす」

家の中で、ぶらぶらと、腕や脚やカラダを揺らしてみてください。

 

ほかには、摩るもオススメ!!!

力まず、緩めるのです~~!!!

 

ぜひ、質のいい睡眠をとれるカラダになってみてくださいませ♪

 

あ、人によっちゃ、オイルトリートメント(オイル使ったマッサージ)を受けてみるのもいいかもしれません。完全に施しを受けることって少ないですからね~~^^

 

 

===

人生を輝かせるカラダ学

安藤ともみ