読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

妖しいおはなしシリーズ~とりあえず2~

こんばんは、安藤です。朝晩、寒い!秋らしくなってきましたね~!

体調崩しやすい時期なので、お気をつけくださいませ!

 

さぁさぁ、おひさしぶりの「妖しいお話シリーズ」で~す。

ナンパしてきた年上男性に説教をしたお話の続きでもあります^^

 

▼ナンパしてきた人に説教!?と思われる方はこちらからどうぞ~▼

shininglady.hatenablog.com

 

 

ナンパされ、後日、お茶をしにいった理由が2つあり、そのうちの1つ目を前回かきました!超~~現実のお話。

 

今回は、2つめ。それが「妖しいお話」につながっております^^

 妖しいお話とは・・・「気」「波長」といったもののお話です!(あ~ざっくり!!)

 

▼「妖しいお話」ってなんや?と気になる方は、コチラをどうぞ▼

 

shininglady.hatenablog.com

 

 

 では、おまちかね(?)の本題に!

 

この年上男性にナンパされたときの私のブームが、「人の気や波長を感じ取る」だったのです~。(今も人・場所・店などやってます)

 

 

【袖触れ合うも他生の縁】という言葉があるように、すれ違う人、一度だけ合う人であっても、なにかご縁があった人だったり、波長の合う人と知り合っているのかもな~とその時はう~~すらと考えていました。(いまは、ちょっと違う見解をもっております!)

 

 

なので、ナンパされるということは、もしかしたら何かしら波長が合う人なのかな~?なんて思い、気になったら実験・実体験をしないと気がすまない私は、「よっし!いい機会だ!調べてみよう!」ってことで、後日、お茶することにしたのです。

 

 

お茶をして感じた結果をさきに言ってしまうと、「波長、合わない!」「”気”が合わない!」「いや、むしろ、長時間一緒にいれないくらい、波長が違いすぎ!!」でござりました^^

 

 

そもそもナンパされたとき、「見た目がまったくのタイプじゃない!」というのと同時に、「なんか、”気”が合わない人だろうな」とどことなく思っていたので、そのとおりでした~。

 

 

なので、自分の感覚、磨かれてきた!!という学びの存在としてはと~~~ってもありがたかったです!!!

 

 これぞ実験結果!実体験でしか得られないもの♪

 

 

この波長・気っていうのは、意識的に感じれるかなどは別として、誰しもがもっています。

 

「え~~?そうなん?」と思われた人も、ちょっとだけ振り返ってみてください。

日本語は面白いもので、”気”の存在を認めていない人や気にしたことのない人であっても、「あの人とは、なんか気が合うのよね~」な~んていう言葉を使っていませんか?

なので、わからなくても、理解できなくても、「あるんです」。

 

 

”気”の存在は知れば知るほど、と~~~っても面白い!奥深い!

 

 

そしてそして、このナンパ男性が私をドン引かせた「カラダの関係を~」のお願い(?)に、説教した理由も”気”が関係あります。

 

 

男女の関係になるというのは、ダイレクトなエネルギー(気)の交換です。

 

 

”気”の合わない人、ネガティブな”気”などの持ち主と関係をもつことは、自分の”気”を落とすことにもなりかねない!のです。(人によると思います。)

 

 

”気”っていうのは、空気、雰囲気、運気、元気、気力などにもついているように、いろんなものに関係しています。

 

気力がさがる

醸し出す雰囲気が悪くなる

もってる空気感を悪くする

運気をさげる

元気がなくなる

邪気をもらう

などなど。

 

ってことで、いいことなし!!(いわゆる、さげまん女子の反対言葉。さげまん男子!あ、さげちんっていうのかしらね。世の中の定義とはちょっと違って、”自分にとって”ってこと。)

 

 

なので、お金をだすから!と言われても、「いやいや、いくらで考えてるかしらんけど、数万円の世界でしょ?ばかじゃない?そんな金額で、あんたのそのオモダルイ”気”で私の”気”狂わすってことでっせ!私の人生、どう考えとんねん!(言葉、汚い・・・)」と思うわけです。(そもそも現実問題、男性より女性の方が、リスクあるんだから、数万円ってふざげてるYO~!)

 

まぁ、宝くじ一等くらいのお値段でしたら、かんがえても・・・いや・・・無理ですが・・・。

 

 

ということで、お説教&お断りしたわけです。

 

 

お説教メールでは「自分の色気で勝負してください」とお伝えしましたが、そのなかにも、”気”があります。

 

そう、「色気」。

 

 

前回の内容などを読んで、「色気って何?」って質問がきましたが、私は、色気というのは、その人が自分を全うして生きていたらその人なりの”気(オーラ)”が輝くわけだから、それが、色気として察知されるのだと感じています。

 

 

だから、万人受けする色気はない^^みんな、オリジナルのがあるのです。

 

そのオリジナルに、魅力的だな~!心地いいな~って感じるかどうかなのです。

ナンパ男性に私が「いいな」と思わなかっただけで、合う人はいるのです。だから、人格やらなにやらを全否定するつもりもなく、「ただ、ただ、合わなかった」というだけ。

 

 

そもそも、オリジナルを出せるカラダの状態やココロの状態かどうかも大事だったり致します。その話は、私の壮絶(?)な2014年~2015年のお話を例にしていつか書きます^^

 

 

あ、そうそう、話はもどりますが、カラダの関係のお話。

気が合わなくても、大丈夫な場合ももちろんあるはず。

私の”気”の先生いわく、まったく男性との関わりがないより、多少はあったほうが、女性のエネルギーが循環するからね~~なんてことをおっしゃっておられました^^

なので、あまり、気にしすぎずに~!!!ただ、本能的に・感覚的に違和感がある男性には流されすぎないよ~に~!がいいかなと思いまする。(まぁ、流されるのもまた人生経験だったりしますが^^)

 

 

 ち・な・み・に!

運気を下げる相手がいるっていうことは、運気をあげてくれる相手もいるということ。

だから、「お互いの運気あげられる相手のほうがいいや~~ん♪」と私はおもってるわけなのです。おほほ♪

 

 

というわけで、あやしいお話でした^^

こんな調子で、妖しいお話シリーズやっていきま~す^^

 

 

 ====

人生を輝かせるカラダ学

安藤ともみ