読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

気遣うことは優しさとは限らない

こんばんは、安藤です。

 

 

先日、気になっていたDVDみました!

 

小野寺の弟・小野寺の姉

www.onoderake.com

 

 

 

実は、映画の予告から気になっていたのです~!!大学生の頃は、こういう映画がだいすきだったので「趣味=映画」じゃなくなっても「気になる~」となるようで^^

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』の脚本をした西田征史さんが監督・脚本をした2014年上映の映画^^

主演は、向井理さん・片桐はいりさん。

他にも、及川光博さん、ムロツヨシさんなど、素敵な俳優さんがでております^^

 

 

私の中では、THE邦画!でして。クスクス笑えるし、劇的ななにかが起こるわけじゃない、ほっこり&ほろ苦いヒューマンドラマ。

 とにかく、クスクス笑いました。片桐はいりさん、とってもいい!ムロツヨシさん、好き!いい味だしてる~~!!!(ヒメアノールから知った俳優さんだけど、気になる俳優さんです)

 

 

向井理さんが”小野寺の弟”、片桐はいりさんが”小野寺の姉”で、不器用な姉弟。

お互いがお互いを思いやっている姉弟。なんだけど、不器用ゆえに、チグハグ。

そのチグハグ具合もありつつ、ちょっとした日常のやりとりが「いいな~!ほっこり~」なのです。

 

 

そして、小野寺の弟・進が、絵本作家の女性の絵本作りをお手伝いをすることになり、その絵本の言葉がグッとくるのです!!

 

その言葉は、「相手のための優しさが、誰かを傷つけることもある」。

 

親や兄弟やパートナーや友達らと、相手を大事に思うからこそ気遣って、ギクシャクしたり、傷つけたり、喧嘩になったりすることあるよね~と、映画をみていて、思いました。

 

 

優しさのカタチはいろいろあるし、人によって違う。それを知った上で、大切な人とは「対話」をして、違いをすりあわせたり、楽しめたらいいよね~!と思うのです。

 

 

あと、だれかの苦言(特に、親・兄弟・姉妹など)にイラっとしたとき、「自分のために思ってくれている言葉かな?」という視点をもってみると、意外と自分の偏りに気づいて、無駄にイライラしなくなるかも^^

 

 

こういうことをいうと、イライラするもんはするんや!と言われますが、「どうぞどうぞ、イライラしてください」と私は思います。

だって、イライラすることは、悪いことではないのです。

ただのサイン。自分と相手を知るサイン^^

存分にイライラしたあとに、ちょっと自分のココロをみてみると、気づきがあったり致します^^

 

イライラを抑えても、カラダは隠せなくて、カラダに現れるので、イライラ=ダメって思わないでくださいな!

 

 

あれ?映画の話から、違う話にずれてった!

まぁ、いっか!!

 

久々に、『かもめ食堂』みたくなったな~!!!

===

人生を輝かせるカラダ学

安藤ともみ