読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

妖しいおはなしシリーズ~とりあえず1~

カラダの話 ことばの魔法 妖しいお話シリーズ

こんにちは、安藤です。

 

台風ですね。

 

昨日、名古屋で、サロンをしている女性とあって「よっしゃ!がんばろう!」と気合をいれたのに、さっそく、だらけまくり&雨風強い中、クリーニングを出しにいったら案の定、雨に濡れまくって、寒すぎる・・・という始まりでして、今やっとこさ、ブログをひらきました^^

 

 

さっき、気合い入れの代わりに、お土産でいただいたデンマークのコーヒーと引き出物のパウンドケーキとで、一息ついたのだけど、なんかカラダがポッカポカに熱い(゚ロ゚)

 

 

寒くて、カラダがひえると、気力ダウンする私のカラダに、あつ~いコーヒーは良い喝になったかしらね。

※コーヒーはカラダを冷やすという考えもあるのだけど、温めるっていう考えもあって、そこにこだわりをいろいろもっていたのだけど・・・結局、飲みすぎなければいいか~というのが最近の私の考えどす。

 

 

と、前置きが長くなってしまいましたが、気が向いたら「妖しいお話」をしてみようかなとずっと思っておりました!

 

 

で、気分がむいた&シリーズにしようかなとおもうので、「妖しいお話~とりあえず1~」とタイトルにしてみました。

 

 

妖しいお話ってなにかというと、見えない世界のお話。

要するに、オーラ、波動、気、レイキとか、そういうものと思ってもらってもいいかも。

 

 

今回、本当は、違う話を書こうと思ったけれど、なんだか、「気」について書くのに、「邪気」の話がわかりやすいかな~とおもったので、そんなかんじに!(どんな感じやねん!)

 

 

カラダのこと(オイルトリートメント、メンテナンス)をしていると「邪気」というものに出逢いました。

東洋医学で「邪気」っていわれるものがあります。邪気は病気のもとと言われております。

 

「邪気」ってよくわかりません。みえないしね。

ですが、字をよ~く、みてくださいませ。

風邪という字にも、邪気の「邪」がはいっています。

 

そして、「邪(よこしま)な気」で「邪気」!

 

よこしまだって!!!

 

よこしまの意味は、辞書では、「心が正しくない」「道に外れた」と書かれています。

 

面白い!!!(と思うのは、私だけ!?じゃないはず)

 

 

心が正しくないっていうのは、邪悪な考えという意味もあるでしょう。道理や倫理に外れているという意味もあるでしょう。

 

ですが、もうひとつ私が思うには、「自分の心に嘘をついている」もあるとおもうのです。

 

他人の目や評価ばかり気にして、自分の中の気持ちに気づかない・見ないふりする・蓋をするということが、自分の心に嘘をついていること。

 

 

例をあげると、

女とはこういうものだ!という勝手な思い込みで、自分を殺して、男性に接するとかね。

 

どこの誰が決めたかもわからない「モテるオンナは○○をする」ということをやって、苦しくなったりね。※○○にはいるのが、男を立てるとかね。三歩さがるとかね。※苦しくないならいいのよ!苦しさに気づいていない人もいるけどね!

 

生き方なんて、十人十色。

感性も、十人十色。

 

だれかの色に憧れて染まるよりも、自分の色を極めたらいいのです。

 

 

と、話がそれていきそうなので、戻すと・・・

 

 

自分の本音を無視していることも、「邪(よこしま)」

それをやりすぎると、「病気になりやすい」といえるんじゃないかな~とおもっております。

 

 

自分の本音ってな~に~?ってなる人も多いんだけど、「やりたい」「やりたくない」「会いたい」「会いたくない」というそんなもん。

 

ほかには、「食べたい!」とかね。

 

 

自分の本音がわからなくなっている人の中には、自分の食事を「食べたい!!!」で選んでいるか振り返ってみるといいかもしれません。

 

・時間短縮にいいからコレにしておく

・家族などが作ってくれた食卓にならんでいるものばかりを食べている(※作ってくれる人がいることは、とっても有難いことです)

・付き合いで入った特に気に入っているわけでもないお店の中で、とりあえずコレを食べておく

 

こんなことをたくさんしておりませんか?

 

 

私、すっごくそれをやっていました!しかも、最近まで気がついていなかった!気がついたときから、「今日は、何食べようかな~?」という日をあえて作っています。

 

 

食べることは、人間の三大欲求の一つですからね!

欲求の声をきかずして、わからずして、自分の本音がわからない!と言うのは、お門違いなのかもしれません^^

 

 

あ、余談!

プラスで、私の場合は、「気のいい(合う)店」探しもしてるのですが♪

お店の近くまでいってみて「いい!」「ダメ!」を調べています^^(これぞ、妖しい話!)

 

 

いろいろ話がそれちゃったのだけど、こんな感じで妖しいおはなしシリーズは気ままにかいてゆきます^^(あんまり、今回は”妖し”ではなかったですが)

 

 

 

食事は、自分で選んでるのに、本音・本当にやりたいことがわからないという場合は、日常で、食事以外に惰性で選んでいるものがあるのかもしれません。

 

それか、心の不感症になっているのかもしれません。

それか、カラダがガッチガチになっているのかもしれません。

 

心の声がわからないなら、カラダの声を聞いてみるのも有効なのです^^が、話がながくなるので、今日はここまで~!

 

===

人生を輝かせるカラダ学

安藤ともみ