読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

シン・ゴジラをみに

こんばんは、安藤です。

 

先日、評判のシン・ゴジラをみにいってきました^^

 

評判だからと、前情報をなにもみず、そもそもゴジラをみたことがない状態でみにいったら・・・

 

 

「え!?ゴジラ、敵なん!?」(敵という表現が正しいのかはさせおき)

 

攻撃されているのをみて、ゴジラは可愛いもんだと勝手に思っていた私は、「あぁ~、ゴジラが・・・ゴジラが攻撃されている・・・」と終始、複雑な心境に・・・・

 

前情報をいれすぎて、ヒメアノールは、「あぁ、ここが監督がいっていたシーンか」「あ、ここは剛くんが謝りたかったというシーンか」とか思いつつ、映画をみてしまっていたので、前情報なしでみにいったほうがいいかと思ったけど、CMもなにもみずに日本在住の外国人までもが「シン・ゴジラいいよ!みにいきなよ~」なんて言うもんだから、SW以外の大作は見ない主義だったのに、ノリでみにいったのは、さすがにやりすぎました。笑

 

 

 

長谷川さんと並んだ竹野内豊が、すっごく小さくみえて、竹野内豊、そんな小さかった!?と衝撃をうけたり

 

登場人物が豪華すぎることにびっくりしたり・・・

 

「あぁ、こんなにも、大作をみるのは、何年ぶりだろうか・・・」とエンドロールのクレジットをみておもったり・・・

 

内容に関しては、日本の昔ながらの体制をよく表していたりして、ある種の問題作なんだろうな~と思ってみたりしておりました。

 

「そろそろ自分の思うようにされてみてはいかがですか?」というセリフが印象的。

 

あとは、ゴジラとうまく付き合っていかなければならないということと、海外のゴジラに対する施策に対して思うところありありで。

 

ネタバレになるといけないので、読んでしまった人は、劇場でご確認くださいませ^^

 

 

 

 

よくよく思い出すと、2016年にみた映画は、

・SWep7(これも大作だ)

リリーのすべて

名探偵コナン

・ヒメアノール

 

そして、シン・ゴジラ

 

こんなに映画を映画館でみたのは約10年ぶりかな。

それにしても、そろそろ気楽にみれる映画を見ておきたいラインナップだな・・・(゚ロ゚)