読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

使命探しを続ける人へ

こんばんは、安藤です。

 

「使命ってあるのでしょうか?」

 

あるのかもしれないし、ないかもしれないし、使命を探すのが今世の役割だったりするのかもしれない。と私は、なんとなく思っているのです。

 

これまで、たくさんの女性にお会いし、カラダのメンテナンスをさせていただき、お話をお伺いさせていただいてきました。

 

その中で、「使命をさがしている」というお話を聞くことがあります。

 

そういった方は、占いやスピリチュアルなところにいって、答えを探しに行かれます。

私も、使命を知りたくて、使命をみつけたくて奔放していたときがあります。

だけど・・・だから思うのです。

 

人に聞くよりも、動け!と。

 

スピリチュアルな方にお話をお伺いしても、「あなたを全うすることです」というようなことを言われる可能性があります。

 

そのときは、きっと「そっか!自分を全うするぞ!」と思うのですが、、、めっちゃ抽象的!

 

そして、またモヤモヤっとするのです。

 

↑これ、過去の私^^

 

行動すること、動くこと。失敗するかもしれないけど、間違えるかもしれないけれど動くこと。

そうすると、「これだ!」というものにきっと出逢う。

 

そもそも、使命をさがすというのは、「私はこれで生きていく!」「これが生きる目的だ!」みたいなものが欲しい人なのだと思うのです。

 

自分を全うしたい方なのだな~と思うのです。

 

惰性で生きている人より、私は魅力的だな~って思うから好き。

 

だからこそ、この内容を書いておこうと思ったのです。

 

 

いま、 私は、使命とかはよくわからないです。ただ、やりたいことや在りたい姿は19歳からずっと変わらない。

 

「自分の殻を自分でやぶっていく」

「人生を変えたい女性が、自分を活かして輝いていくお手伝いをする」

 

大きくはこの2つ。

 

 

こうやって、変わらないものをもてたのも、ガムシャラにもがいた時間があるからです。

 

 

ガムシャラに就活をした。

内定がたくさんもらえる時代だったのに、不採用・不採用・不採用!!!!!!自信喪失しまくったし、そもそも働きたい!と心から思える会社がほとんどなかった。

そんな中、この会社いい!すごい!働きたいと思った会社がみつかり、先輩社員面接でより働きたいとなったのに、役員面接でものすごく怒られた・・・・笑。

悔しさ・涙・情けなさが入り混じった瞬間だったのだけど、チャンスをいただけ、再度面接に望んだら、合格。

 

その会社でも、ガムシャラだった。

学生時代からの友人に「寝言で、すっごくうなされてたで」といわれるほど、営業数字に追い込まれていた時期もあるほどに。

働きたい部署じゃなかったけど、営業職はやりたかったものだから、がんばれたし、働くうちに「天職だ」と思えた。

 

その会社にいたからこそ、より19歳の時にうっすらと思った「在り方」が色濃くなった気がします。

 

嫌でやめてない(ただ、カラダの異変があった)

仕事も大好き

 職場の人も素敵な人が多かった

 

だけど、やめて、バリ島へ飛んで、未知の世界へ。

 

 

ガムシャラに働くことが美徳とは思わないから、オススメはしません。

 ※むしろ、女性は「メス」なのだから、自分のカラダのキャパシティーは知っておいたほうがいいように感じます。(このお話もまた書きます)

 

行動をし続けたからこそ、ヒントとなるものや人や体験と出逢っていくのです。

 

使命を探すよりも、自分が選択したものをやってみる。それが違うと思うなら、次にいく。そうやって、動いていくことで、みつかったり、色濃くなっていく。

 

もしかしたら、使命というものがあったり、決めてきた人生というものがあるのかもしれません。それでも、別のものを「これだ!」とおもい、自分が満足するなら、それが使命や天職になっていくのだと思うのです^^

 

 人生は自分で創るもの

人生は楽しむもの

 

思いをめぐらす

占い師にきく

だけじゃ~、人生の醍醐味は味わえない。

 

だから、使命をウダウダ探していないで、

ピンときたもの

今全うすること

今やりたいこと

を、頭を空っぽにして楽しんでみたらいい。

 

それでも使命を探してしまうなら・・・

「使命を全うした自分の体感覚、心情をリアルにイメージして、なりきって過ごしてみたらいい」

 

 

こんなこと書いていたら、私も気合はいってきた!

さぁ、私も動くぞ!!!

 

 

人生を輝かせるカラダ学

安藤ともみ

 

 

 

そもそも、自分とはなんぞでしょう?

人生とはなんぞでしょう?