読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

体重をおとす=キレイじゃない!

カラダの話 ボディメイク

こんばんは、安藤です。

 

アラサーにもなると「体重をおとす=キレイじゃない!」という考えは当たり前に知っているものだと信じてやまなかった私。

 

あるアラサー女性に体重落としたい理由をきくと、「キレイになりたい」だったので、「え~~!!!そんな女子高生みたいなこと言うてんの~!!」と衝撃!!!(30代以降の女性で、そんな風にとらえていたらゴメンナサイネ!)

 

 

そんなわけで、体重を落とす=キレイなボディラインになるではない!!!のです。

 

 

体重を落としたほうがいい人はもちろんいます。

ですが、体重をへらす=キレイなボディラインになるという間違った認識で、「痩せたい!ダイエットしなきゃ!減量しなきゃ!」は、今日でサヨウナラしてくださいませ!!!!

 

 

よく言われるのは、「脂肪より筋肉のほうが重い。だから、体重はあまりあてにならない。」

というか、そもそも、体重なんて、いわなきゃわからんのです!

体重気にするくらいなら、まだ体脂肪率気にしたほうがいい。

たま~に男性で、自慢げに体重とかバストのサイズとか当ててくる人いますが、稀も稀!(そういう人に嫌な気がする場合は、勝手に言わせてたらいいし、あたっていたら「すごいね~!」とでも言っとけばいいのです。)

 

 

そもそも、体重を落としたいと思うのはなんででしょう?

・キレイなボディラインになりたい(全身だったり部分的だったりはいろいろかな)

・着たい服をきれるようになりたい

・モテたい

・自信をもちたい

・彼氏・旦那を喜ばせたい

・昔の自分のようになりたい(昔の服がきれなくなったからきれるようになりたい)

・周りが細い人多いから

・綺麗になって周り・元彼などを見返したい、あっと言わせたい

・あこがれの芸能人のようになりたい

 

そんなところでしょうか^^

※年齢があがってくると、美とともに健康を維持するためとかになってきますが。

 

 そのために、本当に体重を落とさないといけないのでしょうか?

そのために、ボディラインをキレイにしないといけないのでしょうか?

その願い、本当に必要でしょうか?

 

 

本当に体重を落としたほうがいい場合もあるけれど、体重を落としたところで、ボディラインがキレイになるかというと別!!!!(もちろん、イコールになる人もいます)

そして、ボディラインがキレイだけが、キレイというわけではありません。

 

そもそも論をぶち込んでしまいましたが、ボディラインに関していえば、

細くっても、くびれがない人もいます。

そんなに細くなくても、くびれはある人もいます。

 

 

なので、どんなカラダになりたいのか?なんでなのか?そういったことを、自分と向き合って決めてみてくださいませ。

世間にながされないで、自分の奥の奥にある想いを大切にね!

痩せなきゃ~お化け、痩せてなきゃダメだ~お化けにとりつかれないでくださいね!

もしかしたら、痩せたらモテるっていう思い込みだけかもしれないし、痩せなきゃダメっていう思い込みだけかもしれません。

 

そういうふうに考えていると、「あれ?痩せなくてもいいや!」って思う人もでてくるかも~♪

 

 

それとね、感覚的なボディメイキングもありかな~なんて思いますよ。数値ではわからない自分でしか感じられない「カラダの状態いいわ~」「なんかいけてないわ~」というのがあります。それ、自分で感じてますか?知っていますか?わからないのは、カラダが鈍っている証拠です。

 

 

体感覚的なのがわからなければ、手の感覚でやってみてください^^

全身鏡の前で毎日、自分のカラダを前・横・後ろのチェックをするのです。そして、自分で全身触る。

それを毎日していると、触り心地や曲線の感じなどが日によって違うのがわかってくるので、それを参考に、ボディメイキングやらストレッチやらヨガやら自分のお気に入りのやつを楽しんでやってみましょう^^

 

 

それにしても、なんて抽象的な内容なんでしょう!

詳しい方法は、セッションになるかな~!

まずは、自分の理想、今の自分をしることが大切なので、じっくり自分とむきあってみてくださいませ~♪

 

 

ちなみに、私が自分のボディラインにこだわりをもつのは、「ボディラインがキレイ=楽」だからです。ボディラインが崩れる=どこかカラダの使い方に支障をきたしているからなのです。

これをいっちゃうと、「やっぱり、ボディラインキレイな方がいいんや~ん」と言われそうな気はするけど・・・まずは、自分のカラダやココロと向き合ってくださいませませ^^

 

 

====

人生を輝かせるカラダ学

安藤ともみ