読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

部屋をキレイにするということ

3連休いかがおすごしですか?

 

さて、さっそく本題!

 

鎖国生活をしている間、知人の仕事を手伝っておりました。

そのうちの一つが、「お部屋をキレイにすること」でした。

 

つまり、「お掃除」だったわけです。

 

汚い部屋をキレイにする。

 

だから、汚い状態も知っているし、キレイな状態も知っている。

 

なんなら、自分がキレイにした部屋をまたキレイにしにいったら、汚れているわけです。

 

 

でね、キレイにした部屋の状態って、すっごく気持ちがよくて、「なんだかいい感じ」なのです。心地いいな~という感覚かな。

 

その部屋の状態に満足して、帰って、また後日にその部屋にはいったら・・・

ドアを開けた瞬間から、「心地よくない」がわかるのです。

 

ものは出しっぱなし

髪の毛は落ちてる

ほこりもある

スリッパもあちらこちらへ。

 

そういうのを1年ほどみてきて、部屋の空気感って、掃除で変えられるのだと確信したのです。

 

 

自分がカオス状態だったら、自室がカオスになるってよく言われていたけど、まさにだな~と。

モノを出しっぱなしでよくいるんだけど・・・

そういうのを体感してからは、部屋の掃除は毎日するようになったし、モノを出しっぱなしにするのも少なくなった。

 

けど・・・アタマがカオスのときは、部屋もカオスになる。

だから、思考をとめて、部屋の掃除をしてみると、意外にもすっきりして、アタマも落ち着いてきたりもする。

 

たかが掃除。

されど掃除。

 

そして、やっぱり運気をあげるのにも、掃除だといわれることが、体感レベルでわかったきがします。

 

せめて自分のカラダの居場所は、自分で心地よくしておきたいですね^^