読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

【運を下げる男】30歳、鎖国してみた話

運を下げる男性ってのが存在する。

 

そういう男性とは、一緒にいるだけで運が下がる。

 

そこまでいかなくても、自分と波長の合わない男性ってのもいる。

 

そういう男性がいるってことは、運気を下げる女性がいるってこと。

 

で、一緒にいるだけで、運気がさがったり、居心地がよくない人とは、あまり一緒にいたくないですよね~。

 

ですが!!!!!

 

運気を下げる男性(女性)が、悪いのではありません。

 

 

世の中、同じエネルギー、同じレベル、同じ波長の人と、出逢うようになっているのです。

 

そういうと、スピリチュアルどっぷりなイメージかもしれませんが、現実的な例をひとつあげてみると、「類は友を呼ぶ」というように、なにか共通点がある人同士がつるんでいるのです。

 

性格とか全く違うのに、なんだか一緒にいれるっていうのも、なにか共通点があるのです。

 

それが「気が合う」というもの。

その気っていうのは、空気感だったり、気持ち(価値観)だったりかな。

 

で、この「気」ってのも、運気が下がっているとかいうように、一定ではないのです。

 

だからね、一緒にいるだけで運気を下げる男性と出会って、なにか一緒に行動をすることがある(もしくは、お付き合いをする)なら、それは、自分の運気が落ちている証拠。(ちなみに、運気を下げる男性ってのは、自分にとってなので、万人にとってではありませんよ~)

 

 

だから、自分の運気があがってくれば、一緒にいられなくなるのです。

なのに固執したりするから、トラブルがおきなりなんだかんだしていく。

 

つまり、運気をさげる男性に出逢う=自分の運気がさがってるということ。

別に、お相手が悪いわけではないのです。

自分のそもそもの行いの結果だったりもします。

 

で、通常、自分にとって運気がいい人なのか下げる人なのかわからないですよね。

そういうことがわかる人でないかぎり。

 

じゃ~、どうしたものかというと・・・

自分で自分の運気の調子を整えておくことが大切。

 

どうするのか?というと・・・

「パワースポットにいきましょう!!!!」

 

 

な~んちゃって!笑

 

 

それも悪くはないけれど、そもそも、運気は自分のカラダにあらわれます。

 

顔色

姿勢

動作

が艶があるかどうか。

 

誰かと比べてではなくて、一年前とくらべて、半年前とくらべて、昨日とくらべて、朝とくらべて・・・といった感じに、自分を比べるのです。

 

ちなみに、私が鎖国した理由は、運気がさがりまくったカラダになっていたからです。

・肺炎

・百日咳

過呼吸気味

・無性にイライラしやすい

子宮内膜症気味

・月経異常

・慢性の腰痛

・やる気がでないから、カラダが動かない

 

なかなかなもんですね。これ約1年ほどで体感した症状・・・

 

ひどいもんです。わらっちゃう!!!

 

私がおしえてもらったお話をすると・・・

自分のもって生まれたエネルギーってものがあって、そのなかでも生命を維持しているエネルギーと、そのほかのエネルギーがあるみたいです。

生命を維持するエネルギーっていうのが、心臓が動いたりとったもの。

そのほかは、行動のエネルギーだったり、キレイになりたいとかいろいろ。

 

運気がおちるっていうのは、そのほかのエネルギーが落ちる。そして、しまいには、生命維持のエネルギーまで落ちていく・・・

そうなると、持病になりやすかったりすると。

 

超~~~~!!スピリチュアルな話にかたよってるけど、そういうの信じられなくても、「あの人、覇気がない」「あの人は、いつも覇気がる」なんて日常でつかうように、私たちは、どこかで「なにか」を感じているのです。

 

 

自分に「覇気」「元気」がないときは、いちど、カラダってものをみつめなおしてみるといいかと。

 

慢性のコリ

慢性のむくみ

慢性の冷え

リンパのたまったカラダ

(後天的な)猫背

 

そういうのがサインとしてでますよ~^^

 

で、そういう状態は、元々の運気(波長・オーラ)ではないので、本来出逢うべき人たちと違うところで出逢っていきます。

 

そうなると、なんだか違和感のある人生になるかもしれないし、どんな状態でもOKとして自分で責任をもっていきるならそれはそれで幸せかと^^

 

ただ・・・やりすぎると、病気になるので、やっぱりカラダのサインはお大事に^^

 

 

って!!!!!私の実体験の運気を下げる男性とのお話を書こうとおもったのに、忘れてた!!!!!

次回につづく・・・・笑。