読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

【0】人生を輝かせるカラダ学

人生を輝かせるカラダ学

「人生を輝かせるカラダ学」というタイトルにこだわってはいないけれど、こだわりがあって!!

なんて表現をすると、「?(ハテナ)」が頭に浮かぶ人ばかりだと思うのですが、そういうことも含めて、【0】ではいろいろと説明していこうと思います。

 

〈人生を輝かせるカラダ学のはじまりのはじまり〉

私自身、バリ島でバリエステの修行後、サロン&スクールをしたり、講師をしたり、セルフケア講座などをしたりと様々なかたちで、女性と知り合ってきました。

ただ知り合うだけじゃなくて、カラダに触れるので、その人の誰にも出していないココロに触れることも多かったです。

元々「誰にもいったことないんだけど・・・・」というような人生相談、恋愛相談などをうけることが多いのもあり、「人生を変えたい」「自分を変えたい」という話をきいてきました。

そういうのは、カラダに触れることで増えました。

そして、カラダとココロの関係。カラダを活かすことで人生が活かされていく可能性などにふれ、この「人生を輝かせるカラダ学」というものをスタートすることにしました。

その人は自分の個性を輝かせて生きられるヒントやきっかけになればいいな~と!

がっつりかかわって、背中を押していけたら最高だな~と!

 

 

〈【0】というのはなんやねん?〉

本で言えば、“まえがき”や“プロローグ”といったところです。

なので、【0】では、かたくなりすぎず、私の想うままに想い表現をさせていただきます。そういうのは知りたくないよ!という方は、【1】からお読みくださいませ。

 

 

では、【0】の本題へ。

この ”はじめに”や”プロローグ”といったものを書こうかとおもったのは、私・安藤友美は、日々、変化をする生物だから、「人生を輝かせるカラダ学」も日々変化するよ~!!!ということをしっかりと知っていただきたかったからなのです。

 

・ふと新しいアイディアが浮かぶこと

・ふといまのものが陳腐に感じ出すこと

・よりシンプルな方法を見出そうとしていること

こんな3つの性質があるので、変わらない確固たるものを作ろうとしたけれど、無理でした。

同じ方法は、飽きるのです。

もっとシンプルでいいものがあるはずだと渇望してしまうのです。

より面白くしたいと!!と思ってしまうのです。

 

とはいえ、24歳で掲げたものはこれまで一度もぶれることなくあります。

それは、

「女性が、自分を信じ、輝いて生きるお手伝いをする」。

もうひとついえば、女性が“女性”や“個性”を活かして生きていく社会創出をしたいというのが私自身が自分の人生を変えだしたきっかけでした。

 

“女性が輝くこと”

その想いはかわらずです。

そして、「お手伝い」としているのにもわけがあります。

昔から

・相談されることが多い

・私自身がやりたいようにしている姿をみて感化される人がいる

・紹介した人(やもの)で変わっていく人

という傾向が多いのです。

なので、私がダイレクトにセッションをすることもあれば、間接的にきっかけとなっていくこともあるだろうなとおもうので、「お手伝い」としています。

このブログも、”きっかけ”や”サプリ”になればいいな~と思ってます。

 

そして、私は私の人生しか生きられないように、みんなそれぞれ自分の人生は自分しか歩めない。

なので、大切にしていただきたいのは、「自分で自分を輝かせる」という想いをもっていただきたいのです。

 

人は影響を与えそれを巡らせ生きています。

だから、私は ”なにか”の形で、ご縁のある方に「輝くお手伝い屋さん」として自分の人生を歩むお手伝いをさせていただきます。

 

そんなことを伝えたく、【0】というものを書きました。

 

そうつまり!!

・私にすがるな!

・自分で自分を輝かせるお手伝いをするよ!

・その方法などは、どんどん変化する可能性大だよ!

 

というわけです^^

 

【1】からは、本題にはいっていきますね。

 

===

最後に・・・

冒頭で「タイトルにこだわりが“ない”ようで”ある”」といった意味を説明いたしまする。

このタイトルを作ったのは2015年です。信頼する友人が作ってくれました。

だから、大切。

だけど、私にとって、「決めつける」「それに縛られる」というのが、嫌なのです。

苦痛でしかない。

真面目な私は、自分で自分をしばってしまうのです。

完璧さを求めて、苦しくなるときがですのです。

だから、「こだわらない」のです。

だけど、大切なタイトルなので「こだわる」のです。

 

目指すものは、変わらない。

手段も私自身も、変わっていく。

 

そういう成長や変化をしていくのが「人生を輝かせるカラダ学」だとおもっていただければ、最高です^^

 

 

 

安藤友美(あんどうともみ)

 

 

 

shininglady.hatenablog.com