読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

本を読んで人生を変える

前回、「本を読むだけで人生は変わらない」と断言しちゃいましたのに、「本を読んで人生を変える」というお話を今日はしようかと。

 

この話をしようとおもったのは、少し前に、友人から「◎◎をしたいんだけど、本を読んで考え方を変えたら、◎◎ができるようになるかな?」という質問をされたからです。◎◎を得たら、人生がよりよくなるとおもったそうで。

 

本を読んで考え方が変わるかどうかというのは、「いえす」でもあり「の~!」でもあるのです。

 

どういうことかというと・・・

本は自分の知らなかった世界や考え方を知れるツールだから。

だけど、読むだけで、考え方の習慣はいきなりは変わりにくい。

つまり、「きっかけ」になるのです。

 

私自身の話をさせていただくと、人生を変える・自分を変えるきっかけになった本が2冊あります。

 

ひとつは、

高橋歩さんの「sanctuary]

夢を叶える旅にでろ!という言葉に惹かれた。

そして、失礼ながら「こんなバカな生き方ありなんや!」と思った。

 

もうひとつは、

浅野裕子さんの「一週間で女を磨く本」

この中に書いてある、オードリーヘップバーンのストーリーに目からウロコだった。

簡潔にいうと、彼女は、コンプレックスを活かして、トップ女優になったというストーリー。

コンプレックスだらけで、自分が嫌いすぎた私への救いの手だった気がした。

 

 

そんなわけで、この2冊の本を、19歳、20歳で出会えたことは、財産だな~って今でも大切にしてるのです。

 

でね、本を読んで、自分の知らない価値観をしれたら、それはそれは視野が広がるのかもしれない。

 

だけど、実際に行動しなきゃ、自分は変わらないのです。

 

本は、「きっかけ」

それは、大きなきっかけかもしれない。

そのきっかけをもとに、動くのは自分。

そこから、自分を輝かせていくのは自分自身なの。

 

一番最初に書いた、友人が質問してきたのは、「空気を読めるようになるには、本を読んで考え方かわったらできるかな?」でした。

 

彼女には、「本を読むのもいいけど、行動じゃない?」といってそのままどうなったかわからないけど、本を読んだって、空気よめるようにはならないよね。

 

人と人とはナマモノだから、人と接して、人の雰囲気を感じ取って、行動するのみ。

そして。。。

そもそも、空気を読める必要があるのか?という根本的な疑念は個人的にはもったのだけどね。(この話は長くなるから割愛しますが)

 

肌で感じて、自分のものにしてこそ、人生は変わっていく。

その変わるきっかけが、人だったり事象だったり本だったりブログだったりするのです。

 

結局は、行動こそなのです。

(とはいえ、行動もガムシャラに!というお話ではないですよ^^)

 

 

で、ここで、このブログのタイトルが、「人生を輝かせるカラダ学」というのに、なんで「人生を変えるカラダ」の話をしていないのかということを次回、説明いたします^^