読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

できま"せん"は、いりません

自分を変える・人生を変える

できま”せん”は、いりません

 

おやじギャグ、失敬!!

 

自分を変えたい

人生を変えたい

運命を変えたい

なにか変化をしたい

より良くなりたい

 

そう思うけど、なんだか変われない自分もいる。

 

そんなとき、自分で自分の限界をつくっていることがあるのです。

 

私には、できないという線をひいてる。

それは、意識できるものもあれば、無意識下で「私には無理」と決めつけちゃっていることもあるのです。

 

だけど、何かを変えるということは、「今」ある価値観や当たり前といった習慣を変えることなので、「できません」と言っている場合ではないのです。

 

だから、「できません(線)」はいりません。

 

できないという線(=できません)をひくのは、自分だよ。

というお話を、23歳のときに営業先(当時営業していました)の担当者に教えてもらいました。

 

ノミの有名な話をしてくれたのです。

ノミは高く飛べる。

だけど、そのノミに使い捨ての透明のコップをかぶせる。

そのまましばらく過ごさせると、コップの天井の限界までしか飛べないと思い込むので、コップを外しても、コップの高さまでしか飛ばない。

 

このように、人間も、本当は飛べるのに(やれるのに)、ここまでしか無理ときめつけて、チャレンジせずに「できません」といってるのです。

 

このお話を聞いたとき、自分で自分の限界を決めるのをやめようと決めました。

もちろん、いまでも限界をつくっていることもあるけれど、ふとしたときに「できませんは、いりません」と自分でつぶやく。

 

そうすると、

・できるかもしれない。やってみよう!

・どうやったらできるか考えよう!

という思考になっていく。

 

大きなことだけじゃなく、小さなことでもそういうことあると思うのです。

 

自分を変えたいけど変われないとき、それは、「できない」線をひいているだけ。

自分の可能性にかけてみるという勇気をだしてみると、きっと変化していくのです。

 

 

さて、あなたはどんな線をひいているのでしょう?

思い込みという線に気がつくのは、自分の習慣と向き合うこと。

 

線をとっぱらって、自分を楽しんでいきましょう!