読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を輝かせるカラダ学

元・ボディケア講師による女性が、個性・女性を活かして輝いていくためのレシピ

ほぐれやすいカラダ・ほぐれにくいカラダ

サロンをしていたとき、サロン勤めをしていたときなどを通じて、こういう傾向があるな~っていうことがいろいろあるんだけど、ひとつ今日はそのお話を。

 

 

ほぐれやすいカラダとほぐれにくいカラダがある。

 

それは、マッサージを受け慣れているとか、相性とかそういうのもあるけれど、それはちょっとだけ横においておきます。

 

サロンを自分でしていたとき、同じような悩みの女性がいて、体型とかもそんなに変わらなくって。

片方は、ほぐれやすい、片方は、ほぐれにくい

 

なんだろう?なんだろう?って思っていたんだけど、通ってくれるのが長くなると、その人となりがわかる。

 

結局、その人のココロが関係してる。

 

ガチガチな思考やココロをもっていると、ほぐれにくい。

 

いいとか悪いとかじゃなくて、ただのサインとして読みすすめてくださいね。

そして、私が7年間で何百人とカラダをみてきた中での経験なので、「絶対」ではないことも頭に入れておいてくださいね。

 

生きる上で、力みすぎ、頑張りすぎているんだろうな~と思うのです。

 

 

頑張ることを頑張っていたりね。

 

カラダがほぐれにくいときは、そういうサイン。

 

なにか自分で自分を制限しているのです。

 

そうなると、ココロもカラダも重くなっちゃう。疲れちゃう。

 

視野がせまくなっていないかな?

「当たり前」って言葉で自分や他人を制限してないかな?

 

そうやって、深呼吸をして、自分を振り返ってみる時間をもってみよう。

 

あと、ほぐれにくいからって、ガッシガシに力入れて、セルフマッサージ・セルフケアなんてしないでね。

どこまで、力んで生きてるのさ!って感じだから^^